講師紹介

はせ みきた

 静岡県出身。幼少より和太鼓に親しみ、静岡大学教育学部を卒業後プロ演奏家としての活動を開始。太鼓奏者の第一人者・林英哲に師事し、数々の大舞台を経験し表現者としての研鑽を積む。2000年に太鼓ユニット「ようそろ」を結成、解散までの16年間、舞台の構成・演出を手掛ける。

 現在はソリストとして、箱根の麓に稽古場を構え意欲的にオリジナル作品を創作、国内外で演奏活動を活動を展開している。ジャンルを超えた様々なアーティストとの交流やイベントのプロデュース、学校公演、楽曲提供なども精力的に行っている。音楽性の高い演奏と、林英哲師直伝の大太鼓の打ち姿には定評がある。

 演奏活動開始当初から自身主宰の教室を運営し、2016年に「太鼓教室UTSU-LA(ウツラ)」と名を変え、地元静岡にて2教室4クラスを開催。国内外で数多くのワークショップ経験を持ち、指導者としての手腕を買われ、2017年米国にて開催された「East Coast Taiko Conference」に日本からの特別講師として招聘された。

 アルバム『オトダマ(2014)』『風の記憶(2019)』をリリース。

 2020年NHK大河ドラマ『麒麟が来る』に出演。

​公式ホームページ http://granbeats.com/